北欧インテリアの作り方【インテリアコーディネート】初心者必見!3つのポイント

スポンサーリンク
北欧

こんにちは、KUMAです。

北欧インテリアってご存知ですか?人気のインテリアスタイルなのでご存じの方が多いかと思いますが、実際北欧インテリアでお部屋をコーディネートするとなったらどんな風にコーディネートすれば良いか分かりますでしょうか?

今回は、人気のインテリアスタイルの北欧スタイルの作り方のポイントを3つご紹介致します。

こちらを読んで頂ければ北欧インテリアスタイルが分かります。

北欧スタイルはインテリア雑誌などに掲載され、目にすることも多いスタイルですよね。

温かみのあるシンプル&スタイリッシュでおしゃれなイメージがある北欧インテリアですが、実際にどのようにコーディネートすればオシャレな北欧インテリアスタイルになるのか悩む方も多いです。

スポンサーリンク

【インテリアのプロが教える北欧インテリアスタイルの作り方3つのポイント】

北欧

引用:https://www.pinterest.jp/pin/158259374384093716/?nic_v2=1a6xhwIr4

 

 

北欧スタイルを知る、北欧スタイルとは?

北欧インテリアとは北欧(フィンランド・スウェーデン・ノルウェーなど)のデザイン性の高い家具や食器・雑貨をミックスさせた「ぬくもり」と「居心地の良さを追求」したインテリアです。

お部屋のインテリアスタイルはさまざまありますが、根強い人気のスタイルは北欧スタイルです。

ナチュラル感たっぷりの木の素材を活かした日本人が好むスタイルですので、王道でもあります。

北欧スタイルの特徴は、木の温もり感を大切にしたナチュラルでほっとできる空間です。

北欧インテリアとは、スカンジナビア半島のノルウェー・スウェーデン・フィンランド・デンマークなどの厳しい冬の寒さで知られる地域で生まれたインテリアスタイルです。

スウェーデン発の世界最大の家具量販店IKEAなどでも、北欧インテリアが購入できるので、最近注目されています。

北欧インテリアは、厳しい寒さの冬の時期にあまり外出せず、家の中で過ごすことが多い北欧ならではのアイデアがたくさん詰まっています。

機能性はもちろんのこと、天然素材を使用することで、見た目にも美しいナチュラルさを感じられます。また、動物をモチーフとしたり、差し色に明るい色を入れたりすることで、楽しい気分になれるような工夫があります。

北欧は日が短い冬が長く、家で過ごす時間が長いため、家の中には刺激的な色を少なくし、ストレスを感じにくい作りにしています。自然と調和したスタイルが基本となっています。

こうしたライフスタイルは、どこでも自然に触れることができる日本人の自然に対する感性とよくマッチしています。

そして、「家具を育てていく」という考えのある北欧と、モノを大切にする日本の文化には共通する点が多く、このことが共感を生み、北欧デザイン家具の人気につながっていると考えられます。

また、北欧デザイン家具にはナチュラルで優しい色合いのものが多いので、汎用性が高いという点も、人気の理由と言えるでしょう。

北欧インテリアに欠かせない家具

 

北欧

北欧の家庭で一般的なファブリックのソファはより北欧インテリアには欠かせないアイテムの一つ。

その他にはソファ前に置く、ローテーブルもナチュラル系で揃えると、より北欧インテリアにまとまりますので、ファブリックのソファとローテーブルのの組み合わせは、日本の家庭にもよく見られます。

このスタイルは誰でも受け入れやすく、子どもにも目が届き、年配の方もくつろぎやすいといった特徴があります。どんなご家庭でも自然と馴染めるスタイルですね!

こうした点を見てみますと、北欧風テイストにインテリア・コーディネートすることは、日本人にはそれ程ハードルが高くありません。アジアンスタイルやエスニック風、アンティーク調などと比べて、グッと楽にコーディネートすることができます。

 

北欧スタイルには、もっと特徴的で目立つような家具があるのでは、と思われていた方も多いかもしれませんが、それは、カーテンやクッションカバーなどの布製品から受けている影響でしょう。
実際、北欧スタイル家具は落ち着いた雰囲気のモノが多く、それと華やかな布製品をアクセントとして合わせることがコーディネートの基本となっています。

 

北欧諸国で作られた本物の北欧家具は世界に流通してはいますが、ほとんどが手作りのため生産量が少なく、高価であるのが一般的です。
そのため、気に入ったデザインの、本場北欧製の家具を入手することはなかなか困難です。

そこでおすすめしたいのが「北欧風デザインの家具」です。
素材やフォルムを北欧家具に似せて作られた製品ですが、今では世界中でたくさん生産されています。日本でも国産品だけでなく、中国や東南アジアの工場で作られた「北欧風デザインの家具」が数多く出回っていて、価格も手ごろです。

北欧インテリアのカラー

北欧インテリアカラー引用:https://www.pinterest.jp/pin/4081455898742298/

北欧インテリアの基本は『アースカラー』です。アースカラーとは、土・木などの自然をイメージさせる落ち着いた色合いのことです。

アースカラーは、北欧スタイルには切っても切れない重要なカラーになります!

必要なカラーはナチュラル系のベージュ、グレーから、温かみを感じる黄色やオレンジ、他にグリーンやブルーも取り入れることができるカラーです。

ビビットな明るい色からパステルの柔らかい色などを組み合わせていくと、メリハリも出ます。

取り入れやすいのは、ソファ上のクッションやラグ、観葉植物、壁面アートなどの雑貨、小物系になります。季節によっても変えやすいので、大きい家具に取り入れまくるのはあまりオススメできません。色遊びもできるので、小物系でコーディネートしてみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

北欧スタイルは難しくないコーディネートしやすいスタイルです。

インテリアショップは勿論インテリアオンラインショップなどでも多く見ることが出来ます。

北欧のような温かみのある雰囲気にしたい方は是非チェックしてご参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました