【インテリアコーディネートに重要なライフスタイル】ダイニングとソファの過ごし方

スポンサーリンク
ライフスタイル

こんにちはKUMABLOGのクマです!

こちらの記事ではリビングダイニングの主役、ダイニングテーブルとチェア、ソファの家具の使い方=ライフスタイルに合わせたサイズのポイントをご紹介。

家具をコーディネートする際、お部屋の広さに合わせてサイズを選びますが、案外気にしないのが使い方、ライフスタイルです。実際にどんな風に使う使いたいかもかなり重要なんです。

こちらを見て頂ければ
ダイニングテーブルとチェア、ソファのライフスタイルに合った家具のサイズが分かります。

【この記事の信用性】
・インテリアコーディネーターの資格を取得
【インテリアコーディネーター資格No,120855A】
・インテリアコーディネーターとしてインテリアショップで10年以上勤務
・実際にお店でお部屋のコーディネートを行わせていただいており、年間約300組前後のお客様のお部屋をコーディネート

それでは詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

【インテリアコーディネートに重要なライフスタイル】ダイニングとソファの過ごし方

ライフスタイル

引用:https://www.pinterest.jp/pin/47710077291282777/

1 ダイニングテーブルのサイズを決めるライフスタイル

ダイニングテーブルの一人分のお食事に必要なスペースは横幅60㎝×奥行き40㎝です。

そんなダイニングテーブルとチェアですが、メインとなる使い方はお食事になります。
それではお食事以外の使い方はどんなものがありますでしょうか。

・子供の勉強
・自身のパソコン用
・仕事用
・趣味(読書、手芸など)

簡単にまとめると、作業をするスペースですね。パソコンやお子様の勉強や仕事など、テーブルの上に広げて使うものがあるもとそれに必要なスペースが重要です。作業を行うことを想定して大きめのサイズにしておくなどを考えておく必要がありますね。

その他では、自宅でお料理教室をやる場合はその人数を考えたり、人を招き入れる(パーティ)ことが多いなどのライフスタイルを考えているなら、同様にそれに合ったサイズを選ぶ必要があります。

ダイニングチェアもどんなものを選ぶかがダイニングテーブルのサイズとも関わってきます。
ダイニングチェアにも様々なデザインのものがあり、肘無しか肘有かでも横幅、奥行きが変わってきます。横幅、奥行きが大きくなればそれに合わせてダイニングテーブルも大きくしなければ、チェアが並んで置けなかったりします。

失敗しがちなのはテーブルの横幅だけを見て、脚間を考えない方が多いです。チェアを横並びにする場合、脚と脚の間にチェアは収納したものです。脚間の寸法を考えずにテーブルの横幅で決めてしまうと失敗しますので注意が必要です。特に肘有タイプのチェアには注意です!

 

2 ソファのサイズを決めるためのライフスタイル

ソファはどんな過ごし方があるでしょうか。

ソファの過ごし方の代表

・テレビを見る
・映画を見る
・読書、スマホをいじる
・横になってリラックス(寝る)

などがありますね。

基本的なテレビを見るなどに関しては、何人で座ることが多いかですね。ご使用者の人数は勿論ですが、普段使用使用する場合家族全員で座ることがあるのかどうか。お子様が小さい場合は一緒に座ることが多いと思いますが、中学生高校生など大きくなるにつれて個人個人のライフスタイルが変わりみんなで過ごすという時間は多くはないと思います。

横になってリラックスするや寝ることが多い場合には、自身の身長がどれくらいなのかも重要なポイントになりますね。180㎝あるのにソファのサイズが150㎝であれば窮屈すぎて寛げないですよね。極端な例でしたが、ご使用者の体格というのも重要です。

 

まとめ:【インテリアコーディネートに重要なライフスタイル】ダイニングとソファの過ごし方

いかがだったでしょうか。

ライフスタイルを考えず、とりあえずお部屋の大きさ的にだったり、使用者の人数だけに合わせて選ぶと失敗してしまいます。
きちんとそれぞれの過ごし方を考えれば、ダイニングをメインにするのか、ソファをメインにするのかが分かり、どちらを優先して大きくすればよいなどあなたに合ったバランスの良いお部屋が作れます。

ぜひご参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました