【観葉植物を使ったインテリアコーディネート】オシャレな5つの方法

スポンサーリンク
観葉植物

こんにちはKUMABLOGのクマです!

今回は、インテリア性に優れた観葉植物とセンスの良い飾り方5つのポイントについて紹介します。

観葉植物をお部屋に飾るときは、せっかくならインテリアに合わせてセンス良く飾りたいものです。しかし、実際「どんな飾り方をすればセンス良くみえるのか」とそう悩まれたことはありませんか?

そんなお悩みを5つの飾り方のポイントを実例と共にご紹介。

【この記事の信用性】
・インテリアコーディネーターの資格を取得
【インテリアコーディネーター資格No,120855A】
・インテリアコーディネーターとしてインテリアショップで10年以上勤務
・実際にお店でお部屋のコーディネートを行わせていただいており、年間約300組前後のお客様のお部屋をコーディネート

それでは詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

【観葉植物を使ったインテリアコーディネート】オシャレな5つの方法

観葉植物引用:https://www.pinterest.jp/pin/594404850802787887/

 

 

1 空間の余白になっている場所に飾る

観葉植物レイアウト

引用:https://www.pinterest.jp/pin/675962225296364641/

大きな観葉植物を飾るときは部屋の隅か、空間の余白になっている場所に飾るのが基本です。
大きな観葉植物はこうすることで背景として緑の景色を演出してくれます。

また、お部屋の隅に置くことで目線がそこにいきお部屋を広く見える、見せる効果があります。

サイドボードの横や棚の上には卓上サイズから中サイズ程度の観葉植物を飾るとアクセントになりオススメです。観葉植物をコーディネートすると緑の景色と癒しの空間が生まれます。

 

観葉植物レイアウト

引用:https://www.pinterest.jp/pin/612771093019975376/

左右対称(シンメトリー)で物が置かれていると綺麗に見え安定感が出ます。
左右一対で植物を置くと、その間に空間の中心が生まれ、部屋のバランスが良く見えます。

写真のように大きい観葉植物をシンメトリーに置くのは簡単ではないので、小鉢タイプの植物でシンメトリー空間を作ることをオススメします。
PCを置いている所に小鉢タイプの植物を挟む事でバランスの良い空間になります。
目に優しいと言われる緑がPC作業で疲れた目を癒してくれるでしょう。

 

雑貨とかけあわせてインテリアとして楽しむ

観葉植物

引用:https://www.pinterest.jp/pin/350084571011658662/

部屋のインテリアとしてグリーンと他の小物と組み合わせて思いきって遊んでみるのもオススメです。
フレグランスやアートなどと組み合わせて飾っていただいたりするとグッとオシャレです。

飾るときは高さを意識してみてください。

飾り方のポイントは三角形になるように飾ることです。

全てが同じ高さで飾ってしまうとオシャレに見えません。

また、大きいサイズの観葉植物は床置きにして、背の低いサイズは棚や台の上などに置いてみましょう。

こうすることで目線に近い場所に緑がきますので、空間の余白の寂しさが消えます。

棚の上の一角を上手にディスプレイして自分だけのお気に入りのスペースを作ってみるのも楽しいですね。
飾り方にもセンスが必要ですが、何度も飾っていくうちにセンスは磨かれていきます。
最初からうまくやろうとせず、飾ることを楽しむことも大切なポイントです。

テイストの似た雑貨を周辺に置くと一気に雰囲気が良くなります。
ポイントは松ぼっくりや、落ち葉など季節感ある物を季節ごとに替えると
いつも新鮮なインテリアを楽しめるコーナー作りになります。

まとめ:【観葉植物を使ったインテリアコーディネート】オシャレな5つの方法

 

いかがでしたでしょうか。
ここまでインテリア性のある観葉植物や、飾り方について紹介してきました。
センス良く観葉植物を飾るのはなかなかテクニックがいるのですが、ここで紹介した方法を参考にしていただければ、今よりさらにおしゃれな部屋になっていくでしょう。
こだわり過ぎて何もできないより、失敗も楽しむという自由な感覚が大切です。
観葉植物を飾ることを思いっきり楽しんでセンスを磨き、自分だけのルールを確立してみてください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました